子供のわきがにミラドライを試しました

思ったよりも簡単な治療だった

ワキガは清潔にしても治らない思ったよりも簡単な治療だった運動できるようになって良かった

予約した日に来院すると、先生も看護師さんも笑顔で迎えてくれました。
娘は麻酔をしたことがなくて、大分緊張しているようでしたが、先生が安心させてくれたので良かったです。
最初に消毒を行い、マーキングをしてから麻酔をしたそうです。
私は待合室で待っていたので、具体的な流れは分かりませんが、娘の話を聞くと、麻酔をしてからだんだん感覚がなくなっていき、機械を脇の下に当てて治療をして行ったそうです。

ちなみにどのくらいの確率でわきがが遺伝するかと言うと、片親がわきがの場合50%の確率になります。両親ふたりとも「わきが」の場合は、子供への遺伝確率は、約75~80%になると言われています。

— なつなぎ (@momyument) 2014年9月21日
麻酔がきいているので痛みはなく、機械を当てるのが終わったら、治療したところを冷却して終わりだったようです。
麻酔をして治療というと、もっと大掛かりなものを想像してしまいましたが、娘も思ったより簡単に終わったと処置室から出てきました。
まだ麻酔がきいているので、脇の下は変な感じだったらしいのですが、治療を終えたという喜びを感じました。
けれども、いくら治療が終わっても、かんじんのわきがへの効果はすぐにはわかりません。
家に帰って、いつもなら着替えた衣類からわきがの独特なにおいがするのですが、それがありません。
こんなことはここ最近なかったことで、とても驚きました。
本人も女の子なのに、脇がくさいということを気にしていて、部活は運動部ではないものを選んだほどなので、とても喜んでいました。